20120722_logo.png
2012年11月3日(土) ★入場無料
16:00 開場  17:30 上映開始

場所 鶴舞公園 普選記念壇(愛知県名古屋市)

WEBSITE: http://www.geocities.jp/tsurumai_phantasmagoria/
お問い合わせ:tsurumai_phantasmagoria@yahoo.co.jp

2011年10月22日

上映作品紹介3_荒木博志さん

眠れるアトム「ASTRO BOY」や、ロボット型オーディオで有名な荒木博志さんが、アニメーションを制作されていたのをご存知ですか?
しばらくの間眠ったままになっていた作品を、今回のイベントのために起こしてくださいました。

ARAKI MOTION PICTURE presents
『Mechanic & Angel』


荒木さん曰く、
「ストーリーは、奥多摩に住んでいるメカニックのキューピーちゃんと仲間の GOODMAN SPEAKERS(彼らは、奥多摩麻利子天と称して改造スバル1360GTでいつも爆走している。)が、天使を撃墜しようとしているアルファロメオ・モンザに乗った2人の悪魔と戦うという、たわいもない話です。映画によくあるキリスト教にやけに弱い悪魔物や吸血鬼物をちょとバカにした話になってます。」  とのこと。

こちらは、荒木さんがご自身の展覧会の会場で流しっぱなしにするために作られた作品でしたが、オランダのハーグ国際映画祭に入賞し、オランダでも上映されました。
その時の入賞作には、あのジャン・リュック・ゴダールの作品もあったそうです。


ARAKI MOTION PICTURE presents
『MAINIA IN THE ROOM』


こちらは、『Mechanic & Angel』よりも少し前に作られた作品。
こちらにもキューピーちゃんが登場します。キューピーちゃんがピザの配達に訪れた部屋が、まさにマニアの部屋で・・・
可愛らしいキューピーちゃんの姿とコミカルな動きに、くすくすと笑いがこみ上げてしまいそうな作品です。
ミニチュアサイズの、Goodman SpeakersやQueen of Cameraの登場にもご注目。


<作家紹介>
荒木博志(あらき・ひろし)
1956年 広島市生まれ
1978年 東海大学動力機械工学科卒業
1993年 私のアトム展出品(原宿ラフォーレミュージアム/原宿)、HIROSI ARAKI EXHIBITION(G-ART GALLERY/銀座・スタジオ<エクス>/名古屋)
1995年 荒木博志のエクスタティックメカ二ズム展(現代美術館/名古屋)
1996年 「ひとがた・カラクリ・ロボット展」(O美術館/大崎)「機械の子宮」個展(プラスマイナス・ギャラリー/銀座)
1997年 広島県立運転免許センター [Queen of Automobile] モニュメント製作
1998 「どないやねん!」(フランス国立高等美術学校/パリ)
posted by 名古屋アンパン at 16:23| Comment(0) | 鶴舞ファンタスマゴリア2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。