20120722_logo.png
2012年11月3日(土) ★入場無料
16:00 開場  17:30 上映開始

場所 鶴舞公園 普選記念壇(愛知県名古屋市)

WEBSITE: http://www.geocities.jp/tsurumai_phantasmagoria/
お問い合わせ:tsurumai_phantasmagoria@yahoo.co.jp

2011年10月22日

上映作品紹介3_荒木博志さん

眠れるアトム「ASTRO BOY」や、ロボット型オーディオで有名な荒木博志さんが、アニメーションを制作されていたのをご存知ですか?
しばらくの間眠ったままになっていた作品を、今回のイベントのために起こしてくださいました。

ARAKI MOTION PICTURE presents
『Mechanic & Angel』


荒木さん曰く、
「ストーリーは、奥多摩に住んでいるメカニックのキューピーちゃんと仲間の GOODMAN SPEAKERS(彼らは、奥多摩麻利子天と称して改造スバル1360GTでいつも爆走している。)が、天使を撃墜しようとしているアルファロメオ・モンザに乗った2人の悪魔と戦うという、たわいもない話です。映画によくあるキリスト教にやけに弱い悪魔物や吸血鬼物をちょとバカにした話になってます。」  とのこと。

こちらは、荒木さんがご自身の展覧会の会場で流しっぱなしにするために作られた作品でしたが、オランダのハーグ国際映画祭に入賞し、オランダでも上映されました。
その時の入賞作には、あのジャン・リュック・ゴダールの作品もあったそうです。


ARAKI MOTION PICTURE presents
『MAINIA IN THE ROOM』


こちらは、『Mechanic & Angel』よりも少し前に作られた作品。
こちらにもキューピーちゃんが登場します。キューピーちゃんがピザの配達に訪れた部屋が、まさにマニアの部屋で・・・
可愛らしいキューピーちゃんの姿とコミカルな動きに、くすくすと笑いがこみ上げてしまいそうな作品です。
ミニチュアサイズの、Goodman SpeakersやQueen of Cameraの登場にもご注目。


<作家紹介>
荒木博志(あらき・ひろし)
1956年 広島市生まれ
1978年 東海大学動力機械工学科卒業
1993年 私のアトム展出品(原宿ラフォーレミュージアム/原宿)、HIROSI ARAKI EXHIBITION(G-ART GALLERY/銀座・スタジオ<エクス>/名古屋)
1995年 荒木博志のエクスタティックメカ二ズム展(現代美術館/名古屋)
1996年 「ひとがた・カラクリ・ロボット展」(O美術館/大崎)「機械の子宮」個展(プラスマイナス・ギャラリー/銀座)
1997年 広島県立運転免許センター [Queen of Automobile] モニュメント製作
1998 「どないやねん!」(フランス国立高等美術学校/パリ)
posted by 名古屋アンパン at 16:23| Comment(0) | 鶴舞ファンタスマゴリア2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

上映作品紹介2_アニメーション

次に、アニメーション作品を2つご紹介します。

1作品目は、昨年のあいちトリエンナーレ「アートのイエ」の展示に参加した名古屋出身の作家 百合草尚子さんと、同じく名古屋出身のデザイナー 小出英貴さんの作品

『花を摘みに』
hanawotumini.jpg
森に花を摘みに行きました。そこで・・・


花を摘みに行った少女が森で出会う、不思議な出来事。
百合草さんが描かれる、すこし怖いような、それでいてふわっとしたファンタジックな絵画世界が、そのまま物語になったようなアニメーション作品です。


2作品目は、鳥取県出身の作家、いとうあやさんの作品
『しあわせな指』

作家さんより、丁寧な作品の説明がありましたのでそのままご紹介します。
「情報伝達技術の目覚しい発展により、社会問題も多様化している昨今ですが、ひとが言葉を持ち、発達させたことはすばらしいという作品です。
8mmフィルムカメラの映像とデジタル画像を混合し、製作しました」

人間が持つ、言葉や文字というコミュニケーションツールによって、誤解や諍いが生まれることもありますが・・・
それでも、やっぱり、単純に、伝わる・伝えられるっていいなぁ、と感じさせてくれる作品です。


<作家紹介>
『花を摘みに』
小出英貴(こいで・ひでき)
デザイナー
1977年名古屋市生まれ
多摩美術大学グラフィックデザイン卒業

百合草尚子(ゆりくさ・なおこ)
絵描き
1975年名古屋市生まれ
名古屋芸術大学大学院美術研究科終了
2007年 After REMISEN#8(名古屋芸術大学アート&デザインセンター/北名古屋)
2008年 daily work2008(dot/北名古屋)、 solo exhibition/4 artists( GALLERY CAPTION/岐阜)

『しあわせな指』
いとうあや
鳥取県倉吉市出身。
山口県立大学環境デザイン科、セツモードセミナー美術科卒。
posted by 名古屋アンパン at 12:15| 鶴舞ファンタスマゴリア2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

あと10日!

あと10日でイベント当日です。
上映作品も沢山集まり、もうすぐみなさんにご覧いただけることにワクワクしております。

秋も深まり、夕方暗くなるのが早くなってまいりました。
当日は、日の入りの時刻に合わせて17時頃より上映を開始いたします。

日中は暖かくても、夜の野外は寒くなることが想定されます。
普選記念壇の椅子は、きっとお尻に冷たく感じることでしょう。
ご来場の際には、くれぐれも防寒のご用意をお忘れなく。

上映前ですが、15時半からは『アリスが落ちた穴の中〜Dark Märchen Show!!』の監督 寺嶋真里さんとペヨトル工房の今野裕一さんのトークショーを開催いたします。
『アリスが落ちた穴の中〜Dark Märchen Show!!』のことを中心に、お二人にお話をお伺いしたいと思っておりますので、ファンの方はお楽しみに。

尚、当日の会場にて、『アリスが落ちた穴の中〜Dark Märchen Show!!』のART ALBUM + DVDのご予約を承ります。
イベント特典としてサイン入りポストカードが付く予定ですので、気になっていた方は是非この機会にご予約くださいね。
posted by 名古屋アンパン at 17:31| 鶴舞ファンタスマゴリア2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。