20120722_logo.png
2012年11月3日(土) ★入場無料
16:00 開場  17:30 上映開始

場所 鶴舞公園 普選記念壇(愛知県名古屋市)

WEBSITE: http://www.geocities.jp/tsurumai_phantasmagoria/
お問い合わせ:tsurumai_phantasmagoria@yahoo.co.jp

2011年10月25日

当日のご案内


イベント当日が今週末に迫り、ようやく上映作品が決定いたしました!
週間天気予報では雨の心配も無いようで、スタッフ一同胸をなでおろしております。


当日のスケジュールは下記の通りです。

15:00 開場

15:30 寺嶋真里監督 × 今野裕一さん トークショー

16:30 休憩

17:00 上映開始


●上映作品●
『a teenager in love』 吹田祐一 (2009年)
『美しき日本の朝 / how beautiful japanese morning is』 吹田祐一 (2011年)
『悪党と花』 井口奈美 (2008年)
『でー・あっしゅ』 錆犬 (2011年)
『しあわせな指』 いとうあや (2010年)
『花を摘みに』 小出英貴+百合草尚子 (2006年)
『CIRKUS Jeseni』  あぐ (2010年)
『SEDIMUCHA』 あぐ (2010年)

『MANIA IN THE ROOM』 荒木博志 (1988年)
『Mechanic & Angel』  荒木博志 (1989年)

愛知芸術文化センターオリジナル映像作品
『アリスが落ちた穴の中〜Dark Märchen Show!!』 寺嶋真里 (2009年)

古田一晴(映像パフォーマンス)


寺嶋真里監督の『アリスが落ちた穴の中〜Dark Märchen Show!!』の上映は、19:00からを
予定しております。

また、予告無しにスケジュールの変更・中止する場合がございますがご了承ください。


夜の野外は寒くなることが予想されます。
防寒の準備をなさってお越しくださいませ。
こちらでは、座布団や防寒具、雨具等のご用意はございません。

また、会場が暗くなりますので、足下やお手荷物には十分にご注意ください。
会場内での事故や落し物、忘れ物等には、一切責任を負いかねますのでご了承ください。

鶴舞公園内は火気厳禁です。
喫煙等、火の使用は控えてください。

ご飲食物の持ち込みも自由ですが、まわりにご迷惑をかけないようにお心がけお願いします。
また、一切のゴミについては各自でお持ち帰り頂きますよう、お願い申し上げます。

それでは、当日はお気をつけてお越しくださいませ。
みなさまのご来場をお待ちしております。
posted by 名古屋アンパン at 18:52| 鶴舞ファンタスマゴリア2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

上映作品紹介4_AGUさん

次は、名古屋のギャラリーアートグラフの作家、AGUさんのアニメーション作品を2つ。
作家さんからの作品説明を紹介いたします。


「CIRKUS NA JESENI」(秋のサーカス)
あぐさん~1.jpg
2010年/12'38"/切り絵

ダンカはおじいちゃんと二人暮らしの女の子。彼女の頭の中はいつもサーカスの事でいっぱい!
葉がひらひら落ち秋が来たある日、ダンカは町の広場で不思議な猫に出会います。
どんな小さな事でも毎日、観察していて何でもしっているという猫にダンカは大好きなサーカス
の事を話します。
秋が来たからサーカスが終わってしまったと悩んでいるダンカに猫はある森の中のふしぎなサー
カスを知っているから行こうと誘いますが...

「SEDI MUCHA NA STENE」
あぐさん~2.jpeg
2010年/8'07"/コマ撮りアニメーション

手作りのぬいぐるみ、木の人形などを使って初めてつくった映像作品です。
タイトルSEDI MUCHAはスロバキア語でハエちゃんが座っているという意味です。
スロバキアの古い歌にハエちゃんの歌があり、その歌を頭に浮かべながらつくりました。


<作家紹介>
AGU(あぐ)
福岡県出身、大垣女子短大卒業。2003年から趣味で作っていた人形で作品発表を始め、2005年から
一年半スロバキアのブラティスラバ美術アカデミーでドゥシャン・カーライのアトリエで版画を学
ぶ。2010年からスロバキア人JOZEFと共同で映像づくりを始め、2011年10月京都永運院での
「シュヴァンクマイエルに捧ぐ共犯者たちの宴」に参加。千種区本山のギャラリーアートグラフ
(末盛通4-13 2F 052-762-6223)で毎年個展を行い、作品を常設展示している。


※「CIRKUS NA JESENI」(秋のサーカス)、「SEDI MUCHA NA STENE」はDVDパッケージ化されており、ギャラリーアートグラフ様にて受注販売を行なっております。
当日の会場での販売はありませんので、ギャラリーアートグラフ様(末盛通4-13 2F 052-762-6223)に直接お問い合わせください。
posted by 名古屋アンパン at 18:22| 鶴舞ファンタスマゴリア2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

上映作品紹介3_荒木博志さん

眠れるアトム「ASTRO BOY」や、ロボット型オーディオで有名な荒木博志さんが、アニメーションを制作されていたのをご存知ですか?
しばらくの間眠ったままになっていた作品を、今回のイベントのために起こしてくださいました。

ARAKI MOTION PICTURE presents
『Mechanic & Angel』


荒木さん曰く、
「ストーリーは、奥多摩に住んでいるメカニックのキューピーちゃんと仲間の GOODMAN SPEAKERS(彼らは、奥多摩麻利子天と称して改造スバル1360GTでいつも爆走している。)が、天使を撃墜しようとしているアルファロメオ・モンザに乗った2人の悪魔と戦うという、たわいもない話です。映画によくあるキリスト教にやけに弱い悪魔物や吸血鬼物をちょとバカにした話になってます。」  とのこと。

こちらは、荒木さんがご自身の展覧会の会場で流しっぱなしにするために作られた作品でしたが、オランダのハーグ国際映画祭に入賞し、オランダでも上映されました。
その時の入賞作には、あのジャン・リュック・ゴダールの作品もあったそうです。


ARAKI MOTION PICTURE presents
『MAINIA IN THE ROOM』


こちらは、『Mechanic & Angel』よりも少し前に作られた作品。
こちらにもキューピーちゃんが登場します。キューピーちゃんがピザの配達に訪れた部屋が、まさにマニアの部屋で・・・
可愛らしいキューピーちゃんの姿とコミカルな動きに、くすくすと笑いがこみ上げてしまいそうな作品です。
ミニチュアサイズの、Goodman SpeakersやQueen of Cameraの登場にもご注目。


<作家紹介>
荒木博志(あらき・ひろし)
1956年 広島市生まれ
1978年 東海大学動力機械工学科卒業
1993年 私のアトム展出品(原宿ラフォーレミュージアム/原宿)、HIROSI ARAKI EXHIBITION(G-ART GALLERY/銀座・スタジオ<エクス>/名古屋)
1995年 荒木博志のエクスタティックメカ二ズム展(現代美術館/名古屋)
1996年 「ひとがた・カラクリ・ロボット展」(O美術館/大崎)「機械の子宮」個展(プラスマイナス・ギャラリー/銀座)
1997年 広島県立運転免許センター [Queen of Automobile] モニュメント製作
1998 「どないやねん!」(フランス国立高等美術学校/パリ)
posted by 名古屋アンパン at 16:23| Comment(0) | 鶴舞ファンタスマゴリア2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。